『トドメの接吻』菅田将暉が主題歌 『さよならエレジー』で魅せる‼

こんにちは、奈美です。2018年1月から放送された「トドメの接吻」が一気に見られるようになりました。当時は途中何話か見逃してしまて落ち込んでいたのでラッキーです。

ドラマの内容も良かったんですが主題歌の「よならエレジー」が最高!ドラマは見てなくてもこの歌は知っているっていう人も多いと思います。

奈美
どうしてこの曲は今でも人気なのか、気になったのでその秘密を調べてみました!

 

「トドメの接吻」大まかなあらすじ

「金の切れ目が縁の切れ目」と女を金を運んでくる道具としか思っていない最低ホスト役は﨑賢人さんほんとに最低!って思っていたけどホストになった理由が後からわかってきてなんかかわいそうになりました。

そして、突然出てきてキスをしまくる脇麦さん。「オオカミ少女と黒王子」の時と全然違うからびっくりしました。でも可愛いのは変わりないですけどね。

 

奈美
公式の紹介動画があるので、こちらを見ると雰囲気が分かると思います。

キスで何度も殺される。

キスをすると「タイムスリップ」ではなく「タイムリープ」するドラマです。

違いは、身体ごと過去や未来に瞬間するのがタイムスリップで、「意識だけが時間を超える」のがタイムリープ。この「タイムリープ」を巡って展開する邪道ラブストーリーです。

奈美
最低ホストの山崎さんの心を門脇さんが開いていく過程が、切なくもあり胸キュンなんですよ!
関連記事

優子 もう休校だからって、ドラマばっかり見てないで勉強もしなさい! 奈美 ちょっと待って!今いいとこだから、この話まで見せて!! 優子 もうー。ところで何のドラマを見てるの? […]

「トドメの接吻」のキーマンはこの人!

田将暉さんは、山崎賢人さんのアパート近くで演奏している謎のストリートミュージシャンとして登場します。

もう、出てきた瞬間に「あ、この人キーマンじゃない?」って分かりました!「ホームレスに混ざったストリートミュージシャン」にしてはかっこ良すぎますもん(笑)

 

奈美
菅田将暉さんがところどころヒントのようなセリフを言う時がかっこいいんですよね。

そして、なんと言ってもスシーンの多さ。タイトルからして当然予想でききる事ですが、山崎さんと菅田さんのキスシーンもあり、このシーンが放送された次の日は友達と大騒ぎでした!

 

主題歌&挿入歌が大注目!

さて、今日のお話はここからが本題!

トドメの接吻』の見どころと言ったら、これを忘れちゃいけません。

 

さよならエレジー

 

ドラマの世界観にマッチしたこの曲、歌うのは謎のストリートミュージシャン役の 田将暉 さんですよー!

 

画像引用:amazon

ドラマの主題歌から火がつき、「LINE MUSIC 2018 年間ランキング」 第1位 にも選ばれ大ヒットした曲です。

どうしてこんなに人気が出たのか、まずは菅田さんのプロフィールから紹介します。

田将暉プロフィール

菅田将暉(すだまさき)

本名:菅生大将(すごうたいしょう)

生年月日:1993年2月21日

出身:大阪府箕面市(みのおし)

趣味:洋服作り

身長:176cm

男3兄弟の長男

 

奈美
本名も芸名みたいですよね。

芸能人を志したきっかけは、なんと寛平さん!関西の番組でやって来た風間さんが、菅田さんのお父さんに「長男男前だから俳優にしたらええねん。」と言ったんですって。

その一言がきっかけで芸能界に興味を示すようになり、2008年、ジュノンスーパーボーイ・コンテストの出場をきっかけに今の事務所に入ったのです。そして、2009年、高校2年生の時に仮面ライダーWで主役デビューを果たします。

 

奈美
仮面ライダー史上、最年少での大抜擢です!

その後、NHKドラマ「ちゃんぽん食べたか」で歌声を初披露。2017年にauのCM曲に起用された「見たこともない景色」で歌手デビューします。

今回の主題歌は3rdシングルとなり菅田さんの初のドラマ主題歌となったのです。

さよならエレジーの魅力に迫ります!

キーワードは、

あ・い・が 離さない!
です!今も曲を聞きながらこの話をしています♪ここのところ特に好きなんです。
歌詞もドラマの世界観にマッチしていて、「愛が噛みつくのに、離さない。だけどさみしさは変わらない」っていう所が切ないです。
更に、「愛を信じてもどうせ無くなってしまうんだから、それなら初めからいらない」っていうのも、本当の愛を知らない山崎さんのセリフのようです。
「愛」とはさみしさと隣り合わせなのでしょうか?
哀愁のロック!

切ないロックナンバーとなったこの曲は、作詞作曲崎ひゅーいさん。2人は以前より交友があり、楽曲作りも相談しながらこのドラマのために作ったかきおろしの曲です。
ドラマの中で「山崎さんがどんな表情の時に流れるかを想像しながら」レコーディングをしたのであっという間に終わったそうです。

この曲が胸に響いて私たちの心を離さないのは菅田さんのない声が魅力的だからでしょう。「上手い」というわけでは無いんですが、力強く悲しげな表情が何かを訴えかけるように迫ってくる感じがします。

全力で歌う姿が印象的なんです。さみしげで、何かにもがいているようなそんな表情に引き込まれます。身体の全部を使って歌詞の意味や関わった人の気持ちを表している菅田さんに心を奪われてしまいます。

 

奈美
ノイズのような震える声とがむしゃらに歌う姿が、山崎さんの心情と重なるんです。
1億回再生

2018年2月21日に発売されたこの曲は、2020年2月23日にYouTube再生回数1億再生突破しました。2020年4月9日時点で104,916,005 回視聴されてたのでこれからまだまだ伸びるでしょう。MVに山崎さんが出演されたことも話題になりました。

弾いてるのは誰だ?

前奏のギターが印象的なこの曲、「本当に本人が弾ているの?」と思った人も多いようです。菅田さんは役者であり歌手なんだから演奏はカッコだけで本人は弾いていないんじゃない?と、私もそう思ってました。

 

しかし!調べたところ、ご本人が弾いています!
菅田さんのお父さんがかなりのギター好きで、家には10本くらいのギターがあり菅田さんも小さいころから触っていました。本格的に始めたのはドラマでさだまさしさんの役をやった頃からで、今でも休日にギターを弾いて過ごすほどギターを愛しています。

カッコよくて、スタイルも良くて、歌も歌えて、その上ギターも弾けるなんてうらやましいですよね。

ギターはどこの?

ドラマで使用したギターはいったいどこのメーカーなのか、気になりませんか?

このギターは「Martin/D-35」ではないかと言われています。マーチンは世界中で有名なアコースティックギターのブランドです。
「マーティン」「マーチン」と呼ばれ、エリック・クラプトンやジョンレノン、忌野清志郎さんやミスチル桜井さんなどなど、多くのミュージシャンが使用しているギターです。

菅田さんは実際に「Martin/D-35」を持っていて、ライブでも使用しているのでドラマでも同じものを使用しているのかもしれませんね。

私も弾きたい!

「さよならエレジー」で検索すると「コード」「初心者」「スコア」「弾いてみた」というワードが出てきます。菅田さんの弾いている姿やドラマの中で山崎さんにギターを教えるシーンなどから自分も弾きたくなる人が続出しています。

 

通常の哀愁ロックバージョンもいいけれど、番組内で流れるアコースティックバージョンは更に心をつかまれます。奥底にある様々な心情を表すシーンに流れる、しっとりした「さよならエレジー」も是非聞いてみてください。

悲しみに別れを告げるという意味の「さよならエレジー」。この曲の歌詞や菅田将暉さんの情熱の中にも憂いを感じさせる歌い方が、『トドメの接吻』の全てを表している気がします。

トドメの接吻』は、HuluU-NEXTdTV で見ることができます。(2020年4月現在)
動画配信サービスなら、一気に見ることができてストーリーに集中できるのでおススメです!