“セーラームーン”アニメ変身セリフ言える?世代を超えた乙女心に響く!

奈美
月に変わって〜お仕置きよ!
優子
キャー懐かしい!セーラームーンね
奈美
おぉ!やっぱりオトナ女子には、お決まりのセリフなんだねー
優子
うんうん、見てたー!”ごめんね〜素直じゃなく〜て〜”
奈美
それ知ってるー!主題歌の「ムーンライト伝説」だよね。私もちょっと見だしたら面白くってさー。ママはさ、変身する時のセリフ覚えてる?
優子
えー?うーん、覚えてないな
奈美
じゃあ奈美サマが教えてあげましょう
優子
ははーっ奈美さまーっ!て何させるのよ(笑)

 

セーラームーンは乙女心をわしづかみ

セーラームーンは、月刊誌「なかよし」で連載されていた少女漫画が原作です。原作者は竹内直子さん。1992年2月号から1997年3月号までの5年間連載されていました。

何と連載開始1ヶ月後にアニメ放送が開始(早いっ、早すぎる!)されたんです。

優子
原作はアニメと雰囲気が違うわね
奈美
原作は少し大人向け、アニメは小さな子も見るためにコミカルな感じにしたらしいよ

当時アニメ界に戦う女戦士なんていなかったので、今の30代前後のオトナ女子たちにとっちゃあ「衝撃的なアニメ」だったそうです。

奈美
私の子供時代は「プリキュア」シリーズがあったので、あまり戦う女戦士に違和感はなかったけどね
優子
当時、戦隊もののように戦ってるー!ってびっくりしたわよ。可愛いうえに、しっかり恋愛要素もあったりしてさ。私もちびっこじゃなかったけど見てたわね

当初は1年間の予定だったのが大幅に伸びて5年間も放送されて、映画化もされました。

2013年には「世界に進出した(テレビ朝日で放送された)日本の人気アニメベスト100」で見事3位を獲得。

ちなみにこのランキング、1位はドラゴンボールで2位はポケットモンスター。世界中でセーラームーンがいかに愛されているか分かりますよね。

さらにさらに。アニメシリーズは1997年にしっかり終わったはずでしたが、2014年にリメイクではなく原作のアニメ化として復活を果たします。

美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイト

タイトルは「美少女戦士セーラームーンCrystal」!
こちらは初代アニメより原作に忠実なストーリーです。

そして2017年にはセーラームーン25周年ということで、たくさんのコラボ商品が発売されたのです。

優子
キャー!何これかわいい!
奈美
出た!ここでオトナ女子登場です

オトナ女子たちは、子供時代には買えなかったグッズの大人買いができちゃいます。またセーラームーングッズは、乙女心をくすぐるデザインばかり。なのでコラボ商品はまたたく間に品薄になるとか。

こうして放送開始から年月がたった今でも、オトナ女子、オトナ男子(?)、そして当時見ていた世代の子供たち(私ね)のハートを、セーラームーンはがっちり掴んで離さないんです。

今なら原作第1話を、10カ国語で読むことができます↓

sailormoondigital-sp.com

誕生25周年を超え、今も輝き続ける武内直子「美少女戦士セーラームーン」(なかよし 講談社)。全世界が注目する中、日本をは…

最新映画の情報はこちらで↓

関連記事

昭和のにおい漂うイラストと、鮮やかなセーラー衣装がさいっこーに可愛いセーラームーン。 「ごめんね素直じゃなくって~」と聞いて胸が高鳴ったあなたはきっと世代女子! 90年代に一世を風靡した国民的アニメ「セーラームーン」が、2020年映[…]

 

セーラームーンのあらすじ&見どころ

 あらすじ

主人公は中学2年生の月野うさぎ。ドジっ子で寝坊に遅刻はお手のもの。ある日、不思議なネコと出会います。額に三日月マークがあって、言葉を話すルナというネコ。

うさぎはルナに頼まれ、セーラー戦士となって街を襲う妖魔と戦うことになるのです。はじめは一人だったセーラー戦士も増えて、仲間と共に強い敵と戦っていくというストーリーです。

奈美
月 の うさぎ っていうめっちゃ単純だけど可愛い名前も乙女心をくすぐる。ルナも月の女神という意味でステキだな。
優子
昔ってこういうダジャレっぽい名前、多かったなー。ドラえもんの野比のび太とか

 見どころ1 恋愛模様

いつもピンチの時に助けてくれるタキシード仮面と、いつも憎まれ口ばかりたたく地場衛(まもる)が、実は同一人物という設定。うさぎと衛のやりとりが子供っぽく描かれていて、セーラームーンとタキシード仮面は大人っぽく描かれていて、そのギャップも楽しめます。

奈美
タキシード仮面って見た目そのままの名前じゃん!ってバカにしてたけど、見ていくうちに去り際に言う「アデュー(フランス語でさようなら)」にときめいちゃったよ
優子
うさぎと衛も憎まれ口の関係から少しずつ惹かれあっていくのが、恋愛漫画っぽくていいよね

 見どころ2 大人も楽しめる設定

物語が進んでいくうちに前世も絡んでくるので、実は小さな子供じゃ理解しきれない展開です。大人だから楽しめる、壮大で運命的なストーリーは子供用アニメだと侮るなかれ。涙なしには見られない大人が続出です。

奈美
前世から今に繋がるのって運命感じるー!私の前世はどこかのお姫様かも、なんて
優子
わかるわかる。私もパパと出会ったときは「前世からの運命かも」って思っちゃってたわよ

 見どころ3 徐々に増える仲間たち

戦隊ものでもプリキュアでも仲間は徐々に増えていきます。セーラームーンも増えていく度に「次はどんなキャラクターなんだろう?」とワクワクさせられます。天体の名前にちなんでいるのも特徴的。個性豊かなキャラクターにきっと見ている人は自分の推しが出てくるはずです。

奈美
くだらないことで口喧嘩するうさぎ達が等身大で共感できるんだよね
優子
普段は普通の女のコたちだけど、セーラー戦士として戦っている時の友情なんかはジーンときちゃうわ

 見どころ4 憧れちゃうほどかわいい

セーラー戦士の姿はセーラー服をアレンジしたもの。今でこそセーラーっぽい戦士服は当たり前だけど当時は「あの、セーラー服が?!」と食いつく人が大勢いました。女子は憧れ、男子はドキドキしたんではないでしょうか?すごいミニスカートですし(笑)衣装も個性に合わせて少しずつ違うところがまたお気に入りを生み出します。

奈美
変身シーンがまたセクシーなんだよー
優子
いつも変身のセリフ言ってたなー。あ、そういえば奈美に教えてもらうんだった
奈美
あ、そうだったね!

 

セーラームーンアニメの変身時のセリフ

お待たせしました!変身する時(初代セーラームーン)のセリフを紹介します。

セーラームーン(月野うさぎ)

主人公。ドジで泣き虫、成績も悪けりゃ運動もできない(あれ?のび太?)純粋で単純で誰とでも仲良くなれる。

変身する時→ムーンプリズムパワー・メイクアップ!

変身した後→愛と正義のセーラー服美少女戦士、セーラームーン! に代わってお仕置きよ!

セーラーマーキュリー(水野亜美)

賢くてIQ300。冷静で真面目、辛口な優等生。おとなしく見えるが、芯はしっかりもっている。

変身する時→マーキュリーパワー・メイクアップ!

変身した後→ 愛と知性のセーラー服美少女戦士、セーラーマーキュリー!でもかぶって、反省しなさい!

セーラーマーズ(火野レイ)

自宅が神社で祈祷などができる。勝気なのですぐ喧嘩になってしまう。巫女姿がトレードマーク。

変身する時→マーズパワー・メイクアップ!

変身した後→ 愛と情熱のセーラー服美少女戦士、セーラーマーズ! 火星に代わって、折檻よ!

セーラージュピター(木野まこと)

気は優しくて力持ち。背も高く面倒見のいいアネゴ肌。スポーツもできて一見男前だが、誰より家庭的な一面も。

変身する時→ジュピターパワー・メイクアップ!

変身した後→ 愛と勇気のセーラー服美少女戦士、セーラージュピター! しびれるぐらい、後悔させるよ!

セーラーヴィーナス(愛野美奈子)

ドジっ子だが、しっかりしている一面も持っているリーダータイプ。うさぎといいコンビ。

変身する時→ヴィーナスパワー・メイクアップ!

変身した後→愛と美貌のセーラー服美少女戦士、セーラーヴィーナス! 愛の天罰、落とさせていただきます!

奈美
変身するセリフが「メイクアップ」っていかにも女のコって感じだよね
優子
あと変身後の決め台詞が、それぞれのキャラクターの特徴を表していて面白いわ

必殺技はこちらの記事で↓

関連記事

優子 あら、懐かしい。それ、セーラームーンの漫画じゃない? 奈美 うん。最近セーラームーンが25周年を迎えて、注目されてきてるじゃない? だから、原作を読んで必殺技をまとめてみようと思って。 優子 […]

 

セーラームーンで乙女心にがついたあなたは

世代を超えて愛されているセーラームーン。懐かしくも新しくもあり、強く美しいセーラー戦士の姿には乙女心をくすぐられますよね。

変身シーンを動画で見たい!決め台詞でしびれたい!乙女心に火がついたあなた。

「セーラームーン」は動画配信サービスで見ることができるんです。ちょっと恥ずかしいな、なんて思いながらビデオレンタルする必要はありませんので堂々と「セーラームーン」を楽しんでくださいね。

大人も子供も夢中になれる「セーラームーン」は amazonプライム・ビデオU-NEXT、 TSUTAYA TV 、Hulu、 Netflix 、dアニメストア 、FODプレミアム で楽しむことができます。(2020年4月現在)
優子
見てくれないと月に変わってお仕置きよ!キャハ
奈美
ママ・・アラフォーのセーラームーンはなかなかの迫力よ

記事内の画像出典元:amazonプライムビデオ